« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月20日 (土)

銀行のATMでエラー画面が表示されていた

銀行のATMでエラー画面が表示されていました。

ブログネタ: あなたの「コネタ」を募集中です。参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「女学館前」ではお尻を振るのに注意しなければならない

Ts3m0012

女子校生がお尻を振っているわけではないんでしょうが、何をもって「尻振り注意」なのかよく分かりません。。。

ブログネタ: あなたの「コネタ」を募集中です。参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

首都高の昔の路線図

※このページは、昔の首都高速道路の路線図を紹介したものです。
現在の路線図をお探しの方は、首都高速道路株式会社のサイトを御覧ください。http://www.shutoko.jp/service/map/index.html

首都高横羽線調査報告-1

首都高横羽線調査報告-2

↑首都高速道路横羽線調査報告書より。

世界銀行から金を借りないといけないので英文で作成している。

3号線が渋谷から東名に直結せずに、第三京浜と東名の間へ向かっている。

小松川線が、瑞江ではなく、平井で国道14号へ接続している。

東京外郭環状道路が多摩川河川敷ルートだ。

昭和36年の首都高速道路構想(未成道が山盛り)

昭和37年段階での将来構想を検討したもの。具体的な計画に入ったわけではない。

昭和40年代前半の首都高速道路路線図

内環状線があったり、磯子線があったり、2号線が第三京浜につながっていたりする。

湾岸線が横浜まで伸びる計画がないので、磯子線はそれなりに意味があったのだなあと思う。

【追記】東関東道と京葉道路が入れ替わっている?と思ってよく見たら、後に「北千葉道路」と呼ばれる道路が「東関東道」とされている!

こちらは、ハイウェイテクノフェアの首都高ブースで流れていた記録映画に出てくる昔の計画路線網

第三京浜には、2号線がつながるのではなくて、中央環状線から単独で分岐する形になっておりますなぁ


首都圏既成市街地整備計画に首都高内環状線、10号線、花見台線等の計画が載っている。1号線が川口で東北道に接続してたりする


昭和46年度の首都高決算公告に調査路線として、内環状線だけではなく、南北線、横浜高速中環状線というのも載っている。

国立公文書館のデジタルアーカイブには、昭和48年当時の首都高速の路線一覧表が。

当時の首都高速11号線は、台場線(レインボーブリッジ)ではなく、北千葉道路だったのだ。

 

最後に、バブル真っ最中の昭和63年の路線図を。

昭和63年の首都高速道路計画

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高速道路図面作成専用のテンプレートがある

高速道路の技術展示「ハイウェイテクノフェア」に行ってきた。

そこでもらったカタログに載っていた高速道路図面作成専用のテンプレート(for visio)

ちょっと欲しい。
 

ブログネタ: あなたの「コネタ」を募集中です。参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

道路工事で「とまれ」マークを描くための巨大なテンプレート

050815_075301

昔の携帯で撮ったので画像はあまりよろしくないのだが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都高速川崎線の一般公開でウニモグを凝視してきた

先日開通した首都高速川崎線(殿町~大師JCT)の一般公開が10月3日に行われたので行ってきた。 そこでウニモグが展示されていたので凝視してきたのでご紹介。 首都高速ウニモグ (1)

首都高速ウニモグ (4)

首都高速ウニモグ (3)

ハンドルまわり

首都高速ウニモグ (2)
なかなかすごいパネル ギアチェンジの説明の絵 ホントに 亀と兎と馬(ろば?)のイラストが書いてある!
8段×(亀モード+兎モード+馬モード)=24段変速(前進・後進とも)!

首都高速ウニモグ (5)
ギアまわり よくもこんなものが操作できるもんだ

首都高速ウニモグ (6)
これはアタッチメントの操作パネルかな?

首都高速ウニモグ (7)

首都高速ウニモグ (8)
トンネル本体よりも楽しゅうございました。

ウニモグ自体が展示されていることは多いけれど、中まで撮れる機会は少ないので。

実は、実際に運転席にも座らせていただきましたw

ウニモグの本家サイトはこちら

The Unimog screensaver なんかもあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »