« 横浜DeNAベイスターズの順位予想w | トップページ | R25名阪国道は高速道路になるはずだったのか? »

2014年4月12日 (土)

中央自動車道 南アルプスルートを国立公文書館デジタルアーカイブで探る

中央自動車道がもともと南アルプスをぶち抜くルートであったことは最早常識に近いものがある。(※私の周囲では)

その辺の資料を国立公文書館のデジタルアーカイブで見てみよう。(地図はクリックするとflickrにupした大きい画像にリンクしている)

「高速自動車国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令」(昭和37年)

http://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/H1430a00330000/061200747073.pdf

中央自動車道 南アルプスルート全体図

まあ、この辺の図面はよく見る。このときに決まった政令は下記のもの

更に詳しい図面が下記にある。

「東海道幹線自動車国道建設法施行令の一部を改正する政令」(昭和38年)

http://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/H1430a00350000/005700748683.pdf

中央自動車道 南アルプスルート詳細図1

小牧IC~中津川IC

中央自動車道 南アルプスルート詳細図2

天竜峡IC~精進湖IC

中央自動車道 南アルプスルート詳細図3

富士川IC~府中IC(大月線・同志線)

中央自動車道 南アルプスルート詳細図4

大月IC~東京第一IC

ここで、東京第一IC、東京第二IC等という見慣れぬインターチェンジが出てくる。

再びhttp://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/H1430a00330000/061200747073.pdfを見てみると、下記の報告書が出てくる。

中央自動車道報告書

中央自動車道報告書2

中央自動車道報告書3

起点の「東京第一IC」は、渋谷区幡ヶ谷の環状6号線接続

「東京第二IC」は、杉並区の環状7号線接続。甲州街道ではなく方南通りを通って方南町附近にICがある模様。

「東京第三IC」は、杉並区の環状8号線接続。現在の高井戸ICのイメージだが、京王井の頭線の北側にあるようだ。

(※高井戸IC周辺で反対運動の中心人物であった「井上アイ」氏の「蟻んごの闘い」には、「それはまったく寝耳に水の話であった。昭和37年頃から環状八号線の「中の橋」という所を起点に、広い畑の中を通ると聞いていた中央道の路線が、急に変更になり、わざわざ迂回して玉川上水を埋め立て、両側の家や、さらに小学校や老人施設まで削り取る案が、実現しそうだと聞いて、静かな住宅地は、たちまち上を下への大騒ぎとなった。」との記述がある。)

「府中IC」が稲城町で都道府中川崎線に接続しているのも興味深い。府中川崎線には東名の川崎ICも接続している。これが実現していたら府中街道は環八なみの交通量になっていたかもしれない。(なお、東名の東京第一ICが渋谷ではなく、代々木八幡駅・富ケ谷あたりに計画されているようにも見える。渋谷へは第三京浜道路が向かうことになっていたようだ。)

「八王子IC」は中央線の南側で打越駅の附近。現在の国道20号八王子南バイパスの附近を通過している模様。

また、手書きで「上野原IC」のところに「さがみ湖に変わるかもしれぬ」と記されている。実際に相模湖IC(とはいっても相模湖町ではなく、藤野町に設置)に変更され、上野原ICが実現したのは、随分後になってしまった。

中央自動車道 南アルプスルート詳細図5

その後、南アルプスぶち抜きルートは技術的に困難であることから諏訪経由に変更されたのはご存知のとおり。「国土開発縦貫自動車道建設法の一部を改正する法律」(昭和39年)を見てみよう。

http://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/H1430a00280000/050200741325.pdf

昭和39年高速道路路線図

昭和39年高速道路路線図2

ここでは、まだ富士吉田から甲府を結ぶルートとなっている。

昭和39年縦貫自動車道建設法 別表

この際の法律改正で中央道の経過地から「井川村附近」が「諏訪市附近」に変更されている。また九州道も経過地から「日田市附近」が削除されている。

なお、井川村と日田市には、その対策として下記のようなことが検討されたようだ。

答弁資料

井川村1

富士吉田線と分かれて大月ICから甲府に向かうようになったのが「国土開発縦貫自動車道建設法の一部を改正する法律」(昭和41年)

http://jpimg.digital.archives.go.jp/pdf/H1830a00080000/0838.pdf

昭和41年高速道路網図

想定問答

中央道大月から甲府へ

(追記)

デジタルアーカイブスには掲載されていないが、ルート変更の技術的理由が「道路」1964年7月号「最近の縦貫道計画」村上吉丸(建設省道路局)執筆に掲載されているのでご参考まで。

中央自動車道ルート変更の理由

(蛇足)南アルプスの高速道路というとこれを貼らないと気が済まない。

南アルプスの少女ハイジ

|

« 横浜DeNAベイスターズの順位予想w | トップページ | R25名阪国道は高速道路になるはずだったのか? »

未成道・未成線」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567511/59452648

この記事へのトラックバック一覧です: 中央自動車道 南アルプスルートを国立公文書館デジタルアーカイブで探る:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/04/12 08:55) [ケノーベル エージェント]
杉並区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014年4月12日 (土) 08時56分

« 横浜DeNAベイスターズの順位予想w | トップページ | R25名阪国道は高速道路になるはずだったのか? »