« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月に作成された記事

2015年3月17日 (火)

東京都の未成モノレール計画(環5、環6、環7、環8、江東)

 東京都のモノレールといえば、上野動物園か多摩モノレールだし、環状8号線や環状7号線といえば、エイトライナーメトロセブンである。

 yahoo!知恵袋で「環八モノレール」を調べてみてもdisられているだけだったりする。

 ところが、東京都首都整備局が作成した「モノレール開発計画報告書」にこのようなモノレール計画の路線図が!

 じゃーん

都営モノレール計画(環5、環6、環7、環8、江東)

 

 これは、東京都が昭和44年度から47年度にかけて調査計画を行ったものの報告書なのである。「需要の多い放射方向の輸送は地下鉄を、需要の少ない環状方向にはモノレールを建設することが考えられる」という位置づけだ。

 

 

■昭和44年度:環5モノレール線

都営モノレール計画(環5モノレール)

北側が都電荒川線、南側が都営大江戸線のような感じか。

環6モノレール路線図

 渋谷駅の鳥瞰図が掲載されている。

都営 環5モノレール渋谷駅

 地下鉄銀座線や首都高速道路3号渋谷線を一跨ぎするかなりのハイピアだ。

 新宿駅は、新宿3丁目の交差点に作り、伊勢丹百貨店の2階に直結する構想だ。

 上記に北側が都電荒川線のようと書いたが、車庫も荒川車庫敷地に造るのである。

モノレール荒川車庫

 現状と比べてみたい。

 車両は、跨座式である。上野のモノレールは将来都電の置き換えとするための試験施工的な役割を担っていたというが懸垂式は採用されなかったのだ。報告書には採用の理由に大阪万博等の実績に触れている。

都営モノレール車両

 

■昭和45年度:江東モノレール線

都営モノレール計画(江東モノレール)

 「江東地区防災拠点に関する大規模プロジェクトと東京湾埋立に伴う埋立地利用計画とを盛り込んだうえ効率的な都市交通手段としてのモノレール建設の可能性を検討した」ものである。

 

■昭和46年度:環6、環7、環8モノレール線

都営モノレール計画(環6、環7、環8)2

 

都営モノレール計画(環6、環7、環8)1

 

都営モノレール計画(環6、環7、環8)3

 これは、環状6号線、環状7号線、環状8号線にすべてモノレールを建設しようとするものではなく、東側が環状7号としつつ、西側が本命環状8号、比較対象として環状7号、環状6号として検討するものだ。

 これが環状線の軌道系交通ということで、エイトライナーとメトロセブンの原型となったのだろうか?

 

■昭和47年度:環5北、環8モノレール線

都営モノレール計画(環5北モノレール)

 環5北モノレール線は、上図の点線区間(この頁昭和44年度のカラー図面の白抜き破線区間)であり、「区間は新宿から上野までで、そのほとんどは環5号モノレールと重複している」とされている。

 目白~王子が都電の専用軌道を通るのと、田原町から上野駅に向けての線があることが環5モノレール線との違いだ。

 また、環状8号モノレールが引続き検討されているのは、前年度の環6モノレール、環7モノレールとの比較の結果、環8の優位性が確認されたため引続き検討を進めることになったということか。

 

 これら各路線の駅(停留所)についても資料があるので、おって紹介したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

横浜DeNAベイスターズ2015年新応援歌

 球春到来!

今季初の野球観戦に行ってきました。

気になるのは新応援歌。

ざくっと動画とテキストで御紹介します。

桑原 将志選手

今だクワ喰らいつけ

燃えろガッツマン

突っ走れどこまでも

勝利を呼ぶ男

かっとばせー 桑原!

 

J.ロペス選手

勝負がかかる しびれる瞬間

流れを我らに アニモ ロペス

チャモ!チャモ!ロペス!

 

井手 正太郎選手

ゆけよ ゆけゆけ正太郎

打てよ 打て打て正太郎

進め 進めよ正太郎

さあ打つぞ 正太郎

かっとばせー 正太郎!

 

柳田 殖生選手

打て 打て

勝利に向かって

鋭いスイング一振り

打て チャンスに応えて

かっとばせー 柳田!

※旧・種田仁選手(タネダンスも継承)

山下幸輝選手

出た出たついに 必殺バットマン

白い弾丸打ち込んで ガッツポーズだ

かっとばせー幸輝!

(左打者汎用)

 

倉本 寿彦選手

 

出た出たついに 必殺バットマン

白い弾丸打ち込んで ガッツポーズだ

かっとばせー倉本!

(左打者汎用)

応援団決起集会での新曲の練習風景もどうぞ。ルルデス・グリエル Jr.(弟)選手の応援歌も出てきます。

応援団決起集会では、いなくなった選手の応援歌も披露されていました。

星覇会さんといえば、先日、ブログでご紹介いただきました。↓

http://blog.livedoor.jp/seihanet/archives/52081136.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

東急プラザは東急ターンパイクのバスターミナルになるはずだった

 来る2015年3月22日に閉鎖される渋谷東急プラザだが、これは東急ターンパイクのバスターミナルとなるはずのものだった。

渋谷駅 2階

 これは「汎交通」1958年5月号に掲載された「渋谷周辺の交通事情と東急の計画」(馬淵寅雄 東急電鉄常務取締役・著)から引用した渋谷駅の図面である。

 左上の現在の東急プラザ所在地に「バスターミナル」とある。

 東急ターンパイクは、東急電鉄が計画した一般自動車道である。

東急ターンパイク-6-1

 詳細は、

http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-453d.html

http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-8f1f.html

をごらんいただきたい。

 最後にもう一つ、かねてわが社は、渋谷から江の島に至る自動車専用道路を計画しまして、既に去る29年出願を致しております。(中略)

 これにつきましては、既に西口広場に放射22号街路に面して約800坪の用地を確保してありますので、ここに綜合ビルを建設し、バスターミナル、ガレージ、屋上を利用しましてヘリポート等を収容しまして、長距離専用道路の起点にふさわしいものと致したいと考えている次第であります。

「渋谷周辺の交通事情と東急の計画」62~63頁から引用

 なお、東京人2013年3月号「特集 渋谷100年物語」中「鉄道都市「渋谷」を創った3人のカリスマ」小野田滋・著の67頁に坂倉準三によるフォトモンタージュ等が掲載されているのであわせてご覧いただきたい。

--------------------------------------------------------

東京江之島間有料専用道路申請書が出て来た~東急ターンパイクの考察(その1)

東急五島慶太の自動車道計画の全貌~東急ターンパイクの考察(その2)

何故に東急ターンパイクの免許は認可されなかったのか~東急ターンパイクの考察(その3)

(参考)

箱根ターンパイクがNEXCO中日本に買収されて子会社になっていた

「トトロの住む家」が本社だった高速道路会社があった

第三京浜道路調査報告書を読む~玉川ICは、何故そこにあるのか?~

清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2)

東急ターンパイクに係る東京都庁議書類

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道で見かけた「顔出し看板(顔ハメ看板)」

長万部駅前にて「まんべくん」

まんべくん

夕張駅前にて「夕張夫妻」

夕張夫妻

札樽自動車道金山PAにて「まりもっこり」(上下線で色が違う)

まりもっこり@金山PA2

まりもっこり@金山PA1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸新幹線「はくたか」の切符を手に入れた

北陸新幹線はくたか

わーい

特急はくたか489系@上野駅

こんな電車でしたっけね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 首都高速道路中央環状線 全通

 首都高速道路中央環状線(品川線)が全通した。

 全通の瞬間が

首都高速中央環状線開通1

首都高速中央環状線開通3

首都高速中央環状線開通2

 開通おめでとう!!

 ところで、昭和36年当時の中央環状線等の路線図がこちら

 西側はともかく東側は随分違う。中央環状線は江東区を縦断している感じ。

首都高速道路中央環状線路線図

 現在は2号線と中央環状線は接続していないが、接続する計画はあったようだ。

首都高速2号線と中央環状線が接続していたころの計画図

 大山顕さんがデイリーポータルZで

 大崎から大井までの区間は目黒川をトレースするようにその下を走っていて、つまりその道路の曲線は川の蛇行の転写なのだ!

世界一長い高速道路トンネルを歩く」から引用

 と書いているが、当初の計画では

 環状6号線の附近に一つ内郭の環状線を作る.外郭環状線に対しまして,内郭環状線と呼んでおります.ここに一つの環状線を作る.目黒川という川がございます.品川区役所の横を流れている川でございますが,この川は臭くてしようのない川でございますから,これは将来下水道が完備すればいらなくなる川でございます.そこでこの河川敷を利用すると渋谷附近まで行く.渋谷から先はまた環状6号線でも拡幅してその上を高架で通すというような事をやりまして,四谷までこれをもって行く.四谷から先は神田川の上を道路にする.そうすると隅田川まで行く.そういった環状の道路を作るような計画を追加したい.

 

「東京都の都市計画について<トヨペットマネージメントスクールにおける講演要旨>」「時の流れ・都市の流れ」 鹿島研究所出版会・刊 山田正男・著 516頁から引用

 というような考え方であったようだ。大橋ジャンクションの横を目黒川が流れているが、そのあたりまでは、京橋付近のように「目黒川跡地」を半地下で通るような構想だったのだろうか?

第三京浜と首都高速道路3号線が直結している路線図

「東京都道路整備10ケ年計画について」( 「時の流れ・都市の流れ」) 560頁から引用

---------------------------------------

 ところで、中央環状線関係の記事で下記のようなものを見つけた。

板橋~熊野町間は、5号池袋線とC2が重複しています。どちらも片側2車線のため、合流部は2+2で4車線必要なのは小学生でもわかる理屈ですが、なぜか3車線しかありません。

 

首都高C2全通で渋滞悪化か 原因は「お役所」と政治」乗りものニュース 清水草一・著 から引用

 車線数というのはそんなに単純な足し算なのか?疑問に思ったので、ぐぐってみたら下記のような記事があった。

車線数の決定方法は、あらかじめ車線数を仮定した上で当該道路の交通容量を設定し、それを交通量と比較することによって行われる。

(引用者注:第1種第2級の高速道路における【構造令解説】による設計基準を示す)

高速道路の車線数の決定基準

道路の交通容量における新しい設計法に関する検討http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/siryou/tnn/tnn0317pdf/ks0317007.pdf 36頁から引用

 「第1種第2級」というのは、東名高速道路のような都市間高速道路の規格なので、首都高速道路にこの数字がそのまま適用されるわけではないだろうが、いずれにせよ「合流部は2+2で4車線必要」というような単純なものではないようだ。

 つまり、同じ4車線(この場合は片側2車線)道路の合流にしても

「1万5千台/日の道路と1万8千台/日の道路が合流した場合は、3万3千台/日なので4車線(片側2車線)でOK」

「2万5千台/日の道路と2万8千台/日の道路が合流した場合は、5万3千台/日なので6車線(片側3車線)が必要」>

ということか。

 まあ、そうでもないと「2+2で4車線」という考えを単純に敷衍していくと「その先で4車線が2車線に合流すると6車線」「更に6車線が2車線に合流すると8車線」と延々と増え続けなければならない。

 「小学生でもわかる理屈」というよりも「(小並感)」とする方が妥当なのかもしれない。

---------------------------------------

 まったくの余談だが、清水草一氏は、高速自動車国道の名称について「法定路線名」という用語を多用しているが、これは私が考えた言葉で、正式名称ではない。

 前世紀末でまだ2ちゃんねる等がないころに国道系のBBSに出入していた私が下記のような経緯で書き込んだものだ。

 管理人さん「国土開発幹線自動車道建設法別表の路線名とかよりも分かりやすいいい言葉ないですかねー」

 私「法定路線名とかいんじゃないですか」

 管理人さん「いいですねー」

 これがいつのまにか、wikipediaの高速道路関係のテンプレートに採用されて普及してしまったものである。

高速道路の「法定路線名」というのは嘘用語で官報には単に「路線名」と書いてある

 官報公告を見ると「路線名」とだけ書いてある。これが正解であろう。

 なお、路線名には「国土開発幹線自動車道建設法」別表記載の路線名と、「高速自動車国道の路線を指定する政令」別表記載の路線名の2種類があり、微妙に異なる。

 例えば、前者「近畿自動車道名古屋大阪線」が後者「近畿自動車道名古屋亀山線・天理吹田線」だったりする(名阪国道の部分は、政令では高速道路路線としては中抜けになっている)。後者は、法律で定められているのではなく政令で定められているのだから「法定路線名」というと嘘になるのである。

 また、関西空港線や関門自動車道は、前者にはなく、後者にしかない「法定されずに政令でしか定められていない路線名」なので、法定路線名というのは如何なものか

 wikipediaで横着してばかりで、原本にきちんとあたらないと恥をかくことになるのでご注意あれ。

---------------------------------------

 なお、wikipediaの「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」の一覧表は、おそらく私のサイトのパクリ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »