« 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(1) | トップページ | 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3) »

2015年5月17日 (日)

清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2)

 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察を続けていこう。

 首都高3号線は結局、東名高速と接続されていますが、この第三京浜が計画された段階では、東名の計画はまだはっきりしていませんでした。

 

  というのも、戦後の都市間高速道路の計画において、まず構想されたのは東名ではなく中央道だったからです。計画された当初の中央道は、現在建設中のリニア中央新幹線とほぼ同じ南アルプス縦貫ルートが想定され、東京~名古屋間を最短距離で結ぼうと考えられました。そしてこれが実現した場合、東名は建設されないはずでした。

 

清水草一氏「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」から引用

 

--------------------------------------------------------

 

■「戦後の都市間高速道路計画」はともかく、「戦前の都市間高速道路計画」で東海道路線を検討したことには触れなくてよいのだろうか?

 

 まずは、戦前から東名、中央道の計画が定まるまでの経緯を概括してみる。

斎藤義治_東海島幹線自動車国道の計画について

 「道路」1961年11月号「東海道幹線自動車国道の計画について」斎藤義治(日本道路公団計画部長)著854頁から引用

 

 戦前の高速道路計画はどのようなものだったのだろうか?

 昭和15年8月、時の近衛内閣は「基本国策要綱」の中で「日満支を通ずる総合国力の発展を目標とする国土計画の確立」を掲げ、わが国で初めて国土計画の必要性を述べた。昭和15年9月になると「国土計画設定要綱」が閣議決定され、続く昭和17年には「大東亜国土計画大綱素案」が策定された。この中では、共栄圏内の資源開発や物流、諸民族の生活向上が目標とされた。この様な中、内務省土木局は、昭和15年に「重要道路調査」を実施し、その成果として「自動車国道計画」を策定した(昭和18年)。本計画は、当時の国土計画上の重要拠点を設計速度120kmの高規格な道路で結び、中国や韓国等への連絡を志向した路線設定となっていた。 

 

戦前の高速道路計画網

JICE REPORT vol.5「高規格幹線道路網に係る国家政策の歴史的変遷」瀬尾卓也・島村喜一・丸山大輔著 http://www.jice.or.jp/report/pdf05/jice_rpt05_04.pdf23頁から引用

 上記の図からも東名高速道路に相当するような東海道を通る自動車国道の計画が戦前にあったことが分かる。

 

※戦前の道路政策全般については http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00902/1998/18-0123.pdf が詳しい。

 

 戦前に計画された東名高速道路相当区間のルートはどのようなものだったのだろうか?

片平信貴 戦前の東名高速調査に係るルート

「道路」1963年8月号「名神高速道路の一部完成までをかえりみて」片平信貴(日本道路公団高速道路第一部長)著から引用

http://www.katahira.co.jp/archives/img/mr_k_1_1.pdf

 

 「二級国道の東京沼津線」とは、現在の国道246号である。中目黒からR246へ抜けるということであれば、首都高速2号目黒線がそのまま東名高速道路に接続するようなものだったのだろうか?

 

 そして、戦後の調査状況はどうだったのか?

 前述の斎藤氏の報文では「昭和26年度より東京・神戸間の高速道路の本格的な調査を再開」とある。

三国国道新路線と高速度自動車道路計画について (1)

 「玉川田賀町」起点とあるが「玉川用賀町」の誤植だろうか?

三国国道新路線と高速度自動車道路計画について (2)

 東京~沼津間は、1951(昭和26)年時点で、現在のルートと大差ないようだ。

「道路」1951年7月号「三国国道新路線と高速度自動車道路計画について」松本  正雄(建設省関東地方建設局企画課長)著 226及び229頁から引用

 

 その後の経過がうかがえる新聞報道を紹介しよう。

弾丸道路東京御殿場間S28着工へ

1953(昭和28)年1月18日朝日新聞

 

弾丸道路スタートはしたが

1953(昭和28)年1月29日朝日新聞

 

 記事を見るとおおむね現在の東名・名神と同じルートのようだ。

 第三京浜道路の計画が始まったのは1958(昭和33)年であるから、「第三京浜が計画された段階では、東名の計画はまだはっきりしていませんでした」と言い切れるものだろうか。もっとも「実際には着工できていないし、こんな紙上の計画は、はっきりしたものというレベルじゃないのだ」と言ってしまえばそこまでかもしれないが。清水草一氏が何をもって「はっきりしていません」とするのか論拠を挙げていただけると「はっきり」するかもしれないが。

 

--------------------------------------------------------

 

■1953(昭和28)年の首都高速道路2号玉川線~東海道自動車道の接続構想

 

 前掲の1953(昭和28)年1月18日朝日新聞の記事の末尾に注目してほしい。「起点から都心への路線設定は目下首都建設委員会で研究しており」とある。

 同年4月28日に、首都建設委員会は「首都高速道路に関する計画」の勧告を発表した。

 その路線図が下記のものである。

 そこには、永田町から玉川へ延びる「2号玉川線」が設定されており、「東海道高速道路(中略)へ連絡せしめるよう策定した」とある。

 なお、この段階では第三京浜道路は計画にも着手していない。東急ターンパイクが道路運送法に基づき免許申請したのはこの後の1954(昭和29)年3月である。

昭和28年の首都高速道路計画図

昭和28年の首都高計画

 

「道路」1954年1月号「都市に於ける高速道路計画について」町田保(首都建設委員会事務局長)著7~8頁から引用

昭和28年の首都高速道路網図

(私が見やすいように路線を着色したもの)

http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/28-7e37.html

 第三京浜の計画開始(1958年)よりも東急ターンパイクの免許申請(1954年)よりも、首都高と東名高速道路が直結した計画が先行(1953年)していたわけである。

 

しかし、その構想は一旦消えてしまったようだ。

首都高速道路の計画と設計思想

土木計画学研究・論文集No2「首都高速道路の計画と設計思想」篠原修(建設省土木研究所主任研究員)著 40頁から引用

http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00041/1985/02-0037.pdf

近藤=近藤謙三郎氏、石川=石川栄耀氏

 

「東海道高速道路を二子玉川まで迎えにいっている(この点が後の計画では不明瞭となり、設計思想上の混乱を引き起こすこととなる)。」とあるが、何故不明瞭になり、設計思想上の混乱とは具体的にどのようなものだったのだろうか。教えてMJブロンディ!

 

-----------------------------------------------------------------------------

清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(1)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(4)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(5)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(6)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(7)

|

« 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(1) | トップページ | 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3) »

未成道・未成線」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567511/61603156

この記事へのトラックバック一覧です: 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2):

« 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(1) | トップページ | 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3) »