« 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2) | トップページ | 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(4) »

2015年5月17日 (日)

清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3)

 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察を続けていく。

1950年代、まだ日本の道路は恐ろしいほど貧しく、長距離輸送は旅客・運輸ともに鉄道が主役。東京~名古屋間をクルマで移動するなど夢物語でした。当時の自動車交通にとって、それよりはるかに重要なのは近距離移動。たとえば東京~横浜間でした。第三京浜はそこを強化するため東名より先に計画され、完成は東名より4年早い1965(昭和40)年です。よって第三京浜が3号渋谷線との接続を想定していたとしても、不思議はありません。

 

 

清水草一氏「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」から引用

■第三京浜道路と首都高3号渋谷線の接続計画は、東名高速道路の具体化の後のものだった。

 

 第三京浜道路の計画開始前に1953(昭和28)年の段階で東名高速道路の前身と首都高速道路3号渋谷線の前身(当時は2号玉川線)が接続する計画があったことは前述のとおりである。

 では、第三京浜道路と首都高速3号渋谷線が接続する計画はいつからいつまでのものだったのか?

東京都市高速道路調査報告書1

 私の調べた範囲では、始まりは、1961(昭和36)年度の「東京都市高速道路調査報告書」(東京都首都整備局 都市計画部)

東京都市高速道路調査報告書2

東京都市高速道路調査報告書3

 であり、「東京都道路整備10ケ年計画」(昭和36年度を初年度とし、昭和45年度を終期とする道路整備事業計画)である。

第三京浜と首都高速道路3号線が直結している路線図

「時の流れ・都市の流れ」山田正男(元東京都首都整備局長)著 560頁から引用

 

 本稿ではこの後に、「中央道対東名高速」論争を紹介するので時点が前後するが、この論争を経て、中央道と東名高速道路が同時着工することとされたのが昭和35年であり、東名高速道路を法律上位置づけた「東海道幹線自動車国道建設法」http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_housei.nsf/html/houritsu/03419600725129.htm が成立したのは1960(昭和35)年7月25日である。

 つまり清水草一氏が言うように「第三京浜はそこを強化するため東名より先に計画され、完成は東名より4年早い1965(昭和40)年です。よって第三京浜が3号渋谷線との接続を想定していたとしても、不思議はありません。」というよりも、「中央道との論争が決着し、東名高速道路(東海道幹線自動車国道)が正式に法律上位置づけられたにもかかわらず、あえて首都高3号渋谷線は第三京浜道路と接続する計画をたてた」と考えられないだろうか?

 

--------------------------------------------------------

 

■第三京浜道路と首都高9号線の接続計画

 

 次いで、1962(昭和37)9月の首都高速道路公団からの委託による「首都高速道路と都市間幹線道路との連絡に関する調査」(財団法人都市計画協会)では、下記のような路線構想が計画されている。

昭和36年の首都高速道路構想(未成道が山盛り)

 

S37首都高速延伸計画

「首都高速道路と都市間幹線道路との連絡に関する調査」(財団法人都市計画協会)から引用

 

 3号線を第三京浜に接続させようとする1960(昭和35)年の計画に対し、3号線は、東名高速へ接続し、2号線は第二京浜国道を神奈川県境へ向かい、第三京浜には新たに9号線をもって接続させようというのが1962(昭和37)年の計画だった。

 

--------------------------------------------------------

 

■首都高3号渋谷線が東名高速道路と第三京浜道路の中間点で外環に接続する計画

 

 これにて一件落着といいたいところだが、悩ましい計画がある。

 この後、首都高速道路公団が作成した「羽田横浜高速道路建設計画に関する資料-世界銀行提出-(1964年5月)」添付図面では、下記のとおりとなっている。(世銀への提出資料なので、英文表記である模様。)

 

首都高横羽線調査報告-2

 

 3号線の延伸部分が「城南高速道路」として、東名高速道路と第三京浜道路の間(玉川通りをそのまま二子橋までいく感じ)に進み、東京外郭環状道路を介して接続する形となっている。

 これについて東京都の山田正男は、1964(昭和39)年の「東京都道路整備10ヶ年計画について -生まれ変わる大東京- <首都道路協議会における講演要旨>」において次のように述べている。

山田正男 東京都道路整備10カ年計画

「時の流れ・都市の流れ」山田正男(元東京都首都整備局長)著 556頁から引用

この山田氏の発想「長距離高速道路の交通をそのまま都心部まで持ってくるということはばかげている」ということからすると、清水草一氏の「東名に相手を取られた第三京浜」といった考え方自体が成り立たないのかもしれない。

このように路線が転々としていることが篠原修氏の言う「設計思想上の混乱を引き起こすこととなる」ということなのだろうか?

 

-----------------------------------------------------------------------------

清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(1)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(4)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(5)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(6)
清 水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(7)

|

« 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2) | トップページ | 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(4) »

未成道・未成線」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567511/61603426

この記事へのトラックバック一覧です: 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(3):

« 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(2) | トップページ | 清水草一氏の「中途半端な目黒線と第三京浜、実は渋滞解消の特効薬? ヒントはパリに」に係る考察(4) »