« 松浦 晋也氏「 日本でなぜそんなにモテる? 実は我が国は「モノレール大国」だった」「同じようでも実は違う! 大阪と東京、二都を走るモノレール」について(その3) | トップページ | 【暗渠】玉川上水と新宿駅南口地区の開発について(その1) »

2015年10月31日 (土)

日比谷未成地下道とのバーターで地下鉄三田線が営団から東京都へ譲渡されていた

 日比谷のガード下を走る地下道を巡るあれこれについては、過去何回か記事にしてきたところである。

日比谷地下道

東京五輪関連:地下鉄と競合して未成となった銀座の地下自動車専用道路にして首都高速計画線の名残

東銀座「幻の地下街」を作った経緯が(ほぼ)分かった

 

ざっくりおさらいすると

・東京都が首都高速道路の当初計画を1959年に建てた際に、「皇居の南側において国会方面から銀座方面に通ずる路線の計画につき検討する」とされた。

・東京都が日比谷―三原橋間の地下自動車道計画を建てる。

三原橋地下街を潰すはずだった銀座地下道計画

「都市計画と東京都」都政調査会発行(1960)から引用

・他方、営団地下鉄は2号線(日比谷線)の建設を計画し、日比谷駅-東銀座駅で上記地下自動車道と競合する。

・東京都は、地下鉄の地下1階のコンコースに自動車道路を通し、地下鉄の既存のコンコースを地下2階に移設することを主張するが、営団地下鉄側はそれを拒否しこう着状態に。

・東京オリンピックに間に合うかどうか関係者間をやきもきさせ、国会でも議題となる。

・1962年に両者は地下自動車道は地下3階に日比谷線を抱き込む形で設置することで合意。(下図上段。「交通技術」1962年10月号(財団法人交通協力会刊)「営団地下鉄2号線銀座-日比谷間建設計画」から引用加筆。)

三原橋地下街と地下鉄日比谷線と有楽町ガード下地下道の関係

・1963年に東京都市計画地方審議会で地下自動車道は銀座から日比谷方面に至る一方通行だけが建設されることで本決まりとなり現在に至る。(上図下段。営団地下鉄「日比谷線建設史」から引用加筆。)

------------------------------------------------------

 ここからが今回の本番。今回言いたいのは、1962年の東京都と営団地下鉄での合意にあたって、その条件の一つとして「地下鉄5号線分岐線=現6号線=都営地下鉄三田線」について、営団から東京都に譲渡するとされたという記事を見つけたのである。

 昔、いしいひさいちのマンガ「がんばれタブチくん」で「田渕(当時阪神タイガース)が南海電鉄(当時南海ホークスの親会社)の電車〇両とトレード!」というギャグがあったが、これに負けじと「東京都の道路の建設位置と営団の地下鉄路線をトレード!」という夢の大型移籍が実現していたというわけだ。

 記事を見てみよう。

日比谷―三原橋/地下道本決まり 営団の3階案に

 遊歩道(1階)総合駅(2階)車道(3階)

 銀座を中心とした交通マヒを打開するため日比谷―三原橋間の地下に建設する自動車専用道路”三原橋地下道”(900メートル)の計画は都と帝都高速度交通営団が対立、3年ごし折衝していたが、12日、斎藤運輸、中村建設両相と東知事との話し合いでやっと原則的に意見が一致した。

 この日決まったのは、都側が主張し続けていた自動車道地下1階案をひっこめ、営団案の地下三階にする。かわりに営団が建設免許を持っている地下鉄五号分岐線(板橋―大手町間=皇居の東側を通って五反田方面へ延長)を都に譲渡するというもので、早急建設をのぞむ世論に押された政治的妥協案といえる。

 都は営団地下鉄二号線(北千住―中目黒)がこの区間の地下三階を走る予定なので、地下一階に自動車専用道路をつくり、交差して現在地下二階を走っている営団地下鉄銀座線、丸の内線とともに立体交差網を建設する計画をたてた。

 営団は、地下一階を遊歩道にして地下鉄各線の銀座駅を結び二階は「総合銀座駅」。自動車は地下三階の二号線わきに建設する案を主張していた。

 都の計画担当者の一部には自動車専用道路を地下三階にすると①換気が困難②工事をするさい商店の軒先に鉄矢板を打ち込むので震動が大きく、営業が不可能になるばかりか歩道は使えなくなる③工費が約二倍、二五、六億円かかる、などで難色を示す向きもあるが、結局はこの案に沿って施工することになるものとみられる。

 なお、将来の地下鉄網計画もほぼ了解点に達したので、近く都市交通審議会と都市計画地方審議会で正式に決める。

1962(昭和37)年1月13日付け毎日新聞から引用

 さて、地下鉄五号線分岐線を確認してみる。五号線は現在の東京メトロ東西線だが、当時は現在の都営三田線の一部が五号分岐線として位置づけられていた。

地下鉄五号線分岐線

「東京地下鉄道千代田線建設史」から引用

 

 また、「東京史学」東京十三路線物語「第6回 都営三田線~欲望と裏切りに翻弄された悲劇の路線」小久保せまき・著によると

 この区間の建設を熱望したのは東京都でした。元々このルートの地上には都電が走っており、自動車交通の増加は大きな問題になっていたからです。1960年に東京都は5号線分岐線免許の譲渡を申し入れ、それを踏まえて1962年の地下鉄計画改定では5号線の分岐線ではなく、(2)水色の点線のように独立した「6号線」として位置付けられることになります。

 とあり、毎日新聞の記事と時系列としては平仄があう。

|

« 松浦 晋也氏「 日本でなぜそんなにモテる? 実は我が国は「モノレール大国」だった」「同じようでも実は違う! 大阪と東京、二都を走るモノレール」について(その3) | トップページ | 【暗渠】玉川上水と新宿駅南口地区の開発について(その1) »

三原橋地下街」カテゴリの記事

未成道・未成線」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567511/62587787

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷未成地下道とのバーターで地下鉄三田線が営団から東京都へ譲渡されていた:

« 松浦 晋也氏「 日本でなぜそんなにモテる? 実は我が国は「モノレール大国」だった」「同じようでも実は違う! 大阪と東京、二都を走るモノレール」について(その3) | トップページ | 【暗渠】玉川上水と新宿駅南口地区の開発について(その1) »