« 国道の番号の付け方はいい加減なのか?~「ふしぎな国道(佐藤健太郎著)」の不思議(その7) | トップページ | イースタンリーグに梶谷隆幸選手を見に行った »

2016年4月25日 (月)

階段国道の真相は国交省のウェブサイトに書いてある~「ふしぎな国道(佐藤健太郎著)」の不思議(その8)

 青森県と北海道を結ぶ国道339号の龍飛崎付近にはいわゆる「階段国道」がある。

 日本広しといえども、階段の国道というのはここにしかない。なぜこんな変なものができたのだろうか?よく言われるのは「役人が現地を見ずに地図だけ見てここを国道に決めてしまったため」という話だが、これはいわゆる都市伝説の類らしい。青函トンネルの工事のため、いずれバイパスを作る予定があり、階段と知りながら暫定的に国道指定したというのが真相ということだ(松波成行著『国道の謎』による)。

 

 「ふしぎな国道」 佐藤健太郎著 18頁から引用

 私は松波さんとは時々お酒もご一緒させていただくようなおつきあいをさせていただいているのだが、ここについては納得はしていない。

 そもそも松波さんは市井の一趣味者でいらっしゃり、あくまでも「松波説」であり「真相」と断言できるものなのか?検証もせずに「真相ということだ」と書くのが自称サイエンスライターのエビデンスとはその程度のものなのか?(そもそも「真相ということだ」という文章自体がよくわからん。真相なのか違うのか。サイエンスライターさんが書く文章は違うねえ。)

 

 実はこれには「公式見解」が国土交通省東北地方整備局のウェブサイトに掲載されている。

広報紙「T-com」のハガキを通した読者の方々からの質問に対する回答内容について紹介しております。

ということでQ&Aの形式となっている。その「みち編」の「一般国道」にずばり下記のようなQ&Aが掲載されている。

Q

青森県津軽半島の三厩村に、階段国道(339号)がありますが、曲がりくねった幅の狭い石段が国道になっているのはどうしてなのでしょうか。 (山形県/長谷部さん)

 

A

一般国道339号は、弘前市から五所川原市を経由し、一般国道280号に接し、津軽半島を周遊することのできる幹線道路です。国道の指定は道路法で規定されており、この通称「階段国道」もこの法律に基づき指定されています。

この「階段国道」も国道に指定されるまでは階段はなく、狭く急な坂道でした。この坂道の周辺には竜飛中学校や小学校があり、学校の登下校時に児童・生徒らが頻繁に利用することから、怪我をしないようにと青森県により階段が整備されました

平成5年から平成8年まで青森県の整備事業として、更なる階段の整備が行なわれ現在に至っております。

この路線は昭和49年11月12日に重要な路線であることから国道指定されました。

当時から当該区間を車両が通行できるよう整備する必要があったのですが、近傍の林道等の整備により車両が通行できる迂回路が確保され、国道としての整備の緊急性が低くなったことから、現在も「階段国道」として残っているものです。

(路政課/土井 浩)

http://www.thr.mlit.go.jp/tohokunet/tiikiwotukuru/html/Q-A_michi-ipan.html

 「階段と知りながら国道指定した」のではなく、「坂道だったところを国道指定後に階段を整備した」というのが国土交通省東北地方整備局の回答だ。

 都市伝説を潰したつもりが新たな都市伝説を広めるあたりが流石サイエンスライターだなと感心する次第である。せめてネットで国交省のサイトの検索くらいしてから本を書くべきではないのか?サイエンスライター界ではそんなものを調べる必要もないというのが定石ということなのだろうか。

階段国道は当初は坂道だった

 TO698Y-C1-1という国道指定前1969(昭44)年9月20日に撮影された空中写真を掲載しておくが皆さんはどのように見えるだろうか?

 ところで、バスタ新宿は国道20号なので、バスタ新宿の階段も「階段国道」ではあるのだが。

|

« 国道の番号の付け方はいい加減なのか?~「ふしぎな国道(佐藤健太郎著)」の不思議(その7) | トップページ | イースタンリーグに梶谷隆幸選手を見に行った »

読書感想文」カテゴリの記事

道路」カテゴリの記事

コメント

お世話になっております。

いつも知りえない観点からの分析とレポートを楽しく拝読させていただいております。

階段国道について、補足を少し。

自分の著書で原本としたのは毎日新聞1997年6月30日の記事にて、当時の三厩村役場の建設課副参事などの方のコメントがベースです。 新聞記事において、県道当時、ぬかるみの坂の部分の補修を補うために一部を階段化させていたということから、「階段」は部分的ではあっても「存在」していたと私は判断いたしました。その新聞をもとに「階段」の存在について外ヶ浜町役場にも問い合わせをいたしましたが、それ以上の裏付けはとることは残念ながらできませんでした。

東北地整さんのQAは、「国道の謎」の発刊後(2009年)にオンラインで公表されたものであると思われます。「坂道だったところを国道指定後に階段を整備した」という回答は少なくとも書籍の段階では公になっていなかった話です。東北地整さんで階段がなかったということを証明できる資料をお持ちでいらっしゃることと理解ができますので、そのイビデンスとなる資料を求めてみるのはよいことかもしれません。

ご参考までに。

投稿: まつなみ | 2016年5月 5日 (木) 09時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567511/63501569

この記事へのトラックバック一覧です: 階段国道の真相は国交省のウェブサイトに書いてある~「ふしぎな国道(佐藤健太郎著)」の不思議(その8):

« 国道の番号の付け方はいい加減なのか?~「ふしぎな国道(佐藤健太郎著)」の不思議(その7) | トップページ | イースタンリーグに梶谷隆幸選手を見に行った »