« 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(2)戦前の新宿駅乗り入れ構想 | トップページ | 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(4) 魑魅魍魎うずまく新宿ステーションビル »

2016年11月12日 (土)

西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(3)戦後新宿駅乗り入れの具体化へ

(前略)高田馬場始発をしばらく続けた後、戦後の昭和27年(1952)3月25日に高田馬場~西武新宿間が開業して現在に至る。本来は昭和23年(1948)に国鉄新宿駅までの免許を取得していたので、西武新宿というのは一時的な仮駅のはずだったのだが、事情により叶わなかった。

 

「地図と鉄道省文書で読む私鉄の歩み 2 京王・西武・東武」今尾恵介・著 白水社・刊 136頁から引用

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (66)

 1950(昭和25)年11月2日付毎日新聞に、草町義和氏が記事にしている「西武新大久保駅」の記述がみられる。(草町氏の記事では「新」はなく、「西武大久保駅」)

 

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (64)

 開業を知らせる1952(昭和27)年3月8日付読売新聞には「2年後に予定されている国電新宿駅の大改造を見越して当分新宿終点は仮駅とし将来は国電駅と直結する」とある。

 実際に新宿駅東口の「大改造」(新宿ステーションビル(後にマイシティ→ルミネエスト)の開業)が果たされたのは、2年後どころか12年後の1964(昭和39)年なのであるが。

 

 ところで、冒頭に紹介したように、新宿ステーションビルへの西武の乗り入れについては、簡単な図面は見られるところであるが、今尾氏の記述には「昭和23年(1948)に国鉄新宿駅までの免許を取得していた」とある。

 当時の国鉄新宿駅東口の様子は下記のようなものであった。

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (62)

「図説 駅の歴史 東京のターミナル」交通博物館・編 河出書房新社・刊 139頁から引用

 この旧駅舎の段階でも西武線の乗り入れが計画されていたのだろうか?

 早稲田大学大学史資料センターには、旧駅舎への西武線乗り入れの図面が残されている。

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (21)

 赤線が西武新宿線、赤色塗りつぶし部分は西武線新宿駅ホームである。緑線は地下鉄丸ノ内線、緑色塗りつぶし部分は丸ノ内線ホームである。西武線ホーム付近を拡大してみる。

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (22)

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (68)

 戦前の西武軌道線と同じ形で新宿駅東口駅舎と線路の間に入り込んでいることが分かる。

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (24)

 駅施設の規模としては4両連結2面3両連結1面の3面2線のホームである。この程度の施設で足りるのかとも思うが、上記に紹介した西武新宿駅開業を知らせる1952(昭和27)年3月8日付読売新聞でも「4台編成電車の発着が可能」とあるので平仄が合う。現在の西武新宿線からは想像がつかないが、当時は4両編成で間に合ったということであろう。

-----------------------------------------------------

※歌舞伎町(新宿第一復興土地区画整理組合)との関係

 戦後、歌舞伎町では戦災復興のために区画整理事業を行ってきた。そこに西武新宿駅が入りこんできたわけである。

 その際、西武は区画整理事業地を買収しているのだが、事業協力にあたり区画整理組合との間で下記の文書を取り交わしている。

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (78)

(「歌舞伎町」鈴木喜兵衛・著(大我堂・刊)から引用)

歌舞伎町「国鉄新宿駅まで延伸したときも、歌舞伎町駅(西武新宿駅)は存続するよな」

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (63)

(「歌舞伎町」鈴木喜兵衛・著(大我堂・刊)から引用)

西武「国鉄新宿駅に乗り入れても歌舞伎町駅の廃止は考えていません」

 これが、35年後、西武の地下複々線化工事の際に地元歌舞伎町から「約束違反だ」とのの反発を招くことになる。

 また、西武新宿駅予定地には東京都営バスの車庫があり、この移転のための代替地が必要となり、土地区画整理組合もかなりの労力をかけた結果井伊家の土地を確保し車庫の移転・西武新宿駅用地の確保に成功した。(この用地交渉にあたっては堤家が井伊家の家臣であったツテ等も活用されたという。)

 早大大学史資料センターに「都バス関係 新宿線費用明細」という書類が残されたのはこの都バス車庫の移転費用の整理のための資料と思われる。

(「歌舞伎町」鈴木喜兵衛・著(大我堂・刊)から引用)

西武新宿線 国鉄新宿駅乗り入れ計画 (54)

 草町義和氏は、地元と西武鉄道が西武新宿駅の恒久化で合意したことに伴い、当初計画のあった西武大久保駅が中止されたのではないかとの仮説を示している。なるほど。

-----------------------------------------------------

(1)プロローグ

(2)戦前の新宿駅乗り入れ構想

(3)戦後新宿駅乗り入れの具体化へ

(4) 魑魅魍魎うずまく新宿ステーションビル

(5)新宿ステーションビルへの西武線乗り入れ

(6)新宿ステーションビルへの乗り入れ中止

(7)地下道による西武新宿駅と営団地下鉄・国鉄新宿駅との連絡

(8)西武新宿線の営団地下鉄東西線・有楽町線乗り入れ構想

(9)西武新宿駅の開発

(10)西武新宿線の地下複々線化による新宿駅乗り入れ

(11)西武百貨店堤清二による新宿ステーションビル乗っ取り失敗

(12)高島屋、西武に競り勝ち、新宿へ悲願の進出

(13)新宿駅東口2階の吹き抜けに西武新宿線が乗り入れるはずだったのか?

(14)新宿ステーションビルとベルクと井野家

(15・終)エピローグ

|

« 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(2)戦前の新宿駅乗り入れ構想 | トップページ | 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(4) 魑魅魍魎うずまく新宿ステーションビル »

堤康次郎・西武・近江鉄道・伊豆箱根鉄道」カテゴリの記事

建築」カテゴリの記事

新宿」カテゴリの記事

未成道・未成線」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567511/64477093

この記事へのトラックバック一覧です: 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(3)戦後新宿駅乗り入れの具体化へ:

« 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(2)戦前の新宿駅乗り入れ構想 | トップページ | 西武新宿線の国鉄(JR)新宿駅乗り入れを整理してみる。(4) 魑魅魍魎うずまく新宿ステーションビル »