« 川島令三の上越新幹線新宿ルートの変遷を追う | トップページ | ブルートレイン瀬戸を3分割して高松、松山、高知へ直通させる構想があった »

2020年4月30日 (木)

明石海峡大橋を四国まで新快速が走り、鳴門線が複線電化されるなんてどこから出てくるの?~本四架橋神戸-鳴門ルートに四国新幹線が決まった経緯~

 「明石海峡大橋に鉄道が建設されなかった経緯等」http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-98f1.htmlは、私のブログでも、多くのアクセスをいただいている人気記事なのだが、これはあくまでも「やめた理由」である。

 そこで、この記事では「神戸ー鳴門ルートに新幹線を載せることになった理由」「在来線は載せなかった理由」「瀬戸大橋よりも建設が後になった理由」等を整理してお披露目したい。 

 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (1)

 若干、扇動的な題名であるが、「前の記事との対比で、SEO上、喰い合いにならないようにした方がいいかなー」なんて思ったりした次第である。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (2)

 ということで、いつもどおり?過去の文献から切り貼りしていきたい。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (3)

 ご覧のとおり、神戸ー鳴門ルート(本四淡路線)は、児島ー坂出ルート(本四備讃線)と異なり、新幹線一択なのだが、何故か「在来線が走るはずだった」という声が聞こえる。

 「妄想鉄」を自覚している人はいいんですよ。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (4)

 実際には、神戸ー鳴門ルート、児島ー坂出ルート共に、四国新幹線と在来線の両方が検討はされている。上記は、その対比が分かる図面である。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (5)

 で、検討の結果、神戸ー鳴門ルートには、四国新幹線しか載せないということになった。その理由が上記に書かれている。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (6)

 まあ、ネット世論の諸兄の期待を裏切る理由で、新幹線一択となっていたのである。

 ところで、「在来線では、高松、松山への時間短縮が見込めない」というのは、後に出てくるが、当時は瀬戸大橋には新幹線を載せるつもりはあまりなくて、「瀬戸大橋は、将来新幹線も載せられるように場所はあけておくけど、基本的には貨物輸送用」、「神戸鳴門ルートは、貨物を載せられないので新幹線の旅客用」と住み分けをしていたため、新幹線による時間短縮が望まれていたためである。

 淡路島の通勤を考慮したという資料は見たことが無い。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (7)

 「鳴門駅が古いままなのは、四国新幹線ができるときに改築するはずだったので」という声も聴いたことがあるが、残念ながら四国新幹線は鳴門駅を通らない。

 本四淡路線を在来線が走るときには、鳴門駅接続も検討されていたようではあるが、それは最終的には消えているので。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (8)  

  では、起点側はどうなっているか?

 同様にネット上では「新神戸駅だ」とか「トンネルが続くので西明石駅から戻ってくる」とかいろいろあるが、公式資料上はこうなっている。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (9)  

 白川峠とはこのあたりだろうか? 

 

 ちょうど山陽新幹線にも明かり部分がある。 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (10)  実際に明石海峡大橋の計画、建設に従事された島田喜十郎氏の「[新版]明石海峡大橋」には、鉄道ルートの図面が小さく載っていて大変興味をそそられるのであるが、本当に小さいんですよ。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (11)  

 新幹線は、舞子から高架橋で北上する予定で、環境上の問題となっていたと、それが新幹線をやめたことでトンネル構造が可能となったと。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (12)  

 新聞では「三田コース」という計画が報道されたこともある。

 三田??さすがにこれは三木の誤植だと思いたいのだが。三木なら、山陽道から神戸淡路鳴門自動車道が分岐していくルートと合致するので、それなりに整合性はある。 

 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (13)  

 先にも触れたが、神戸ー鳴門ルートは新幹線、児島ー坂出ルートは貨物中心の在来線という住み分けがされていた。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (14)  

 明石海峡大橋の径間が長いので複々線ができないから新幹線単独と書いているのも注目すべき点かと。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (15)  

 「児島ー坂出ルートは、当面貨物専用路線」と。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (16)  

 四国新幹線が神戸―明石ルート一択だったのは、上記のように第二国土軸的な発想の「西日本縦断新幹線」があったというのも注視すべきであろう。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (17)  

 その「西日本縦断新幹線」のルートが「新宿ー甲府ー高山ー小牧ー奈良ー大阪ー明石ー鳴門ー高松ー松山ー佐多岬ー大分」という気宇壮大なルートである。高山!!??名古屋をとばして高山??こりゃまた壮大な「名古屋飛ばし」である。

 記事中、田中は田中角栄首相(当時)、鈴木は鈴木善幸自民党総務会長、鉄道建設審議会会長(当時:のちに首相)である。

 角栄の上越新幹線のみならず、東北新幹線も鈴木善幸の政治路線と言われたものである。(採算的には仙台までが妥当とされたが、岩手を地盤とする鈴木善幸が盛岡まで伸ばしたともいわれる。)

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (18)  

 新幹線の基本計画を定める際に、当初は四国新幹線は神戸ー鳴門ルートのみだった。

 前述の住み分けでいけば首肯できる。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (19)  

 ところが、最後の最後にもうちょっと路線を追加できそうだというところで、紀勢新幹線や中国横断新幹線(松江ー広島)、常磐新幹線等との争いの中で、松江―岡山ー高知の路線が追加されたのである。

 どういう政治力学が働いたのかは不勉強ながらたどりつけていないが、ここで最後の一押しがなければ、今の四国新幹線誘致の姿も随分変わっていたことであろう。

 なお、この辺のお話が好きな方は、「全国新幹線鉄道網の形成過程角一典・著 https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/34003/1/105_PL105-134.pdfをご覧いただくと大層具合がよい。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (20)  

 ここからは、どうして神戸ー明石ルートは児島ー坂出ルートよりも建設が後になったのかを整理してみる。

 ネット世論では「四国と関西を最短で短絡する神戸―明石ルートに先に鉄道が開通していれば、JR四国の採算も改善されていたはずだったのに」という声も聞かれるところである。

 

この辺は、「明石海峡大橋に鉄道が建設されなかった経緯等」http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-98f1.htmlのおさらいにもなるのだが、工事上の難易度の違いがある。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (21)  

 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (22)  

 明石海峡大橋には重量貨物を載せられないことから、神戸ー鳴門ルートを先行すると「神戸ー鳴門ルートの新幹線」と、「貨物輸送の宇高航路」を並存させる必要が出てくる。

 また、現行の貨物輸送体系が宇高航路を中心に構築されているので、瀬戸大橋に貨物輸送を託すことで、既存の貨物インフラをそのまま活用できるメリットもあるわけだ。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (23)  

 そんなわけで、鉄道側は「真ん中のルートを強く希望した」のであろう。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (24)  

 ところで、今の若い子は知らないかもしれないが、本四架橋についてはこんな流れがある。

 いろんな「大人の事情」で、3ルート同時着工
  ↓
 オイルショックに伴う需要抑制で3ルートとも工事中止
  ↓
 「1ルート4橋」のみ工事再開で、本州と四国を結ぶルートとしては、児島ー坂出ルートのみを建設。
 上記記事の「他ルートは部分橋」ということで、神戸ー鳴門ルートは大鳴門橋のみ工事再開。
  ↓
 中曽根臨調で、整備新幹線や残りの本四架橋は凍結。
 瀬戸大橋線(本四備讃線)の工事中止も検討されるが、建設債務をJRに引き継がないことで工事続行。

 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (25)  

 その中で、児島ー坂出ルートのみが選ばれた理由は、こちらの記事にある。

 記事中の「金丸長官」は、田中派の金丸信国土庁長官(当時)である。田中派ですらこれが精一杯だったのである。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (26)  

 で、最後に「明石海峡に鉄道が通っていれば、ドル箱路線になって、JR四国の採算は改善されたはずだったのに」という点を整理してみる。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (27)  

 今となっては、1路線を除いて大赤字で、いつ黒字転換するかメドがつかないという計画を通してしまう「鉄道建設審議会」とは。。。という思いが強い。

 それだけ田中角栄首相をはじめとした自民党の鉄道族(運輸族)の力は強大だったのだろう。田中角栄-鈴木善幸ラインの賜物である。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (28)  

 しかし、本四架橋の鉄道建設費は、本四公団の借金で作って、国鉄が利用料を払って返済するというスキームである。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (29)  

 当時、瀬戸大橋の建設費返済だけでも、国鉄四国総局の収入の倍以上だったことが問題視されている。ここに神戸ー鳴門ルートの鉄道施設建設費の返済がオンされたらいったいどうなるのか?

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (30)  

 瀬戸大橋と大鳴門橋の場合は、他のローカル線建設費と同様に国鉄長期債務にぶちこんで、JR負担をなくしたのだが、民営化後に開通する明石海峡大橋の場合はそうはいかない。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (31)  

 山根孟・元本州四国連絡橋公団総裁も「役に立っているけど投資に比べてどうか」「備讃線でもういっぱい」と語っている。

 明石海峡大橋の鉄道はまさに「役にたつけど投資に比べてどうか」の典型であると言えるのではないか。

 なお、ここから先は、お遊びなのでスルーしてもらって結構です。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (32)  

 ということで、算数遊びをしてみる。遊びなのでマジレスはご勘弁を。。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (33)  

 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (34)  

 

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (35)  

 ということで、超雑な結論。。。

明石海峡大橋と鉄道・新幹線架設の経緯 (36)  

 

|

« 川島令三の上越新幹線新宿ルートの変遷を追う | トップページ | ブルートレイン瀬戸を3分割して高松、松山、高知へ直通させる構想があった »

道路」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

未成道・未成線」カテゴリの記事

本州四国連絡橋/四国新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川島令三の上越新幹線新宿ルートの変遷を追う | トップページ | ブルートレイン瀬戸を3分割して高松、松山、高知へ直通させる構想があった »