« 明石海峡大橋を四国まで新快速が走り、鳴門線が複線電化されるなんてどこから出てくるの?~本四架橋神戸-鳴門ルートに四国新幹線が決まった経緯~ | トップページ | 第三京浜道路全通直後(昭和41年)のロードマップ »

2020年5月 2日 (土)

ブルートレイン瀬戸を3分割して高松、松山、高知へ直通させる構想があった

 先日、サンライズ瀬戸の四国内分割構想がtwitterに流れていたが、ブルートレイン時代の瀬戸でも高松、松山、高知への三分割の運行構想が世間に出ていた。


ブルートレイン瀬戸


1987(昭和62)年3月7日付毎日新聞から


 新聞記事を貼るだけではアレなので、往時の写真でも。


ブルートレイン瀬戸


 1970年代末の国鉄横浜駅で撮影したもの。


ブルートレイン瀬戸


 まだ、客車の方にはマークが入っていないころ。


|

« 明石海峡大橋を四国まで新快速が走り、鳴門線が複線電化されるなんてどこから出てくるの?~本四架橋神戸-鳴門ルートに四国新幹線が決まった経緯~ | トップページ | 第三京浜道路全通直後(昭和41年)のロードマップ »

鉄道」カテゴリの記事

本州四国連絡橋/四国新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明石海峡大橋を四国まで新快速が走り、鳴門線が複線電化されるなんてどこから出てくるの?~本四架橋神戸-鳴門ルートに四国新幹線が決まった経緯~ | トップページ | 第三京浜道路全通直後(昭和41年)のロードマップ »