カテゴリー「経済・政治・国際」の2件の記事

2018年1月 8日 (月)

シン・ゴジラと条文の書き方

 今更「シン・ゴジラ」ネタでもないかもしれないのだが、一点野暮なネタでも。

シン・ゴジラと条文の書き方 (1)

 ゴジラに対して自衛隊をどういう理屈で出動できるのかを関係各省の官僚が議論するシーンがあり、そこに自衛隊法の条文がだーっと出てくる

 私は法律をちょこっと齧ったことがあるので、この字面のレイアウトが気になった。

シン・ゴジラと条文の書き方 (2)

 正確に書くならこうである。

 シン・ゴジラの出来には満足しており、ケチをつけるつもりは毛頭ないのだが、「せっかくならこの辺も気合入れてくれると約1名が喜びましたよー」というだけである。

 あ、でもそれを分かっていたうえで、「例のフォントで画面いっぱいに文字を埋め尽くすことの様式美」を追求した可能性もあるな。それならそれで美しいかもしれない。

 

 ちなみに、読み方はこうなる。

シン・ゴジラと条文の書き方 (3)

 時々、「76条の一」とか「76条の2」といった書き方・読み方をする方が見受けられるが、「アラビア数字の2」は「第2項」であり、「漢数字の二」は「第二号」という決めである。

 「第1項のアラビア数字の1は無いのか?」という方もいるかもしれないが、「日本の法令の書き方では、通常、第1項の1は書かないが、私企業の社内文や契約書では書いてもいいんじゃないの?」ということになる。

 この際覚えていただけるとおじさんは嬉しい。

 

 ついでに書くと、マイクロソフトワードで「項」、「号」の条文を書くときにスペースを入れて調整する人がいるが、それをやると修正するときに一字ずつずらさなければならなくなるので大変うっとおしいし、ミスを誘発する可能性もある。

シン・ゴジラと条文の書き方 (5)

 「行間のオプション」を選択し、

シン・ゴジラと条文の書き方 (4)

 「インデント」を設定するとうまくいくぞ。

 ゴジラとは全く関係なくなってしまった。

 ちなみに私は、郵研社の「公文書作成の手引」を愛用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

都知事選で盛り上がっていますが、ここで石原慎太郎が落選した昭和50年の都知事選公報を見てみましょう

※画像はクリックすると大きくなります。たぶん。

東京都民党 垂井正太郎候補
無所属 秋山祐徳太子候補
世界連邦公認 南俊夫候補
無所属 金子詔一候補


無所属 吉田浩候補
無所属 野々上武敏候補
無所属 深作清次郎候補
愛国党 赤尾敏候補


台湾守護会 河野孔明候補
無所属 松下正寿候補
マル青同正字連盟 きねぶちみわ子候補
国民新党 日月外記候補


無所属 石原慎太郎候補
無所属 鈴木東四郎候補
無所属 窪田志一候補
無所属 みのべ亮吉候補

| | コメント (0) | トラックバック (0)